交通事故の原因はストレス!?

どうも整体・整骨はがくれです!
最近、命を奪ってしまうような交通事故が多く報道されています。
幼い命を簡単に奪ってしまう車の事故。自分は絶対に事故を起こさないという過信やこれくらいなら大丈夫という油断は、絶対にやめましょう。

人の命やケガを負わせてしまうような事故はもちろんですが、単独の事故でもこれからの人生に影響してきます。車の運転は危険と隣り合わせです。そのこと自覚して運転してください。

事故を起こそうと思って運転する人はいないと思います。ですが事故がおきてしまいます。交通事故が起きるのにも原因があります。交通事故を起こさない事が一番ですが、交通事故を起こさないようにすることも大切ですよね。

今回は事故を起こさないようにするために、事故の原因について書かせて頂きます。

当院では交通事故後治療も行っておりますので、合わせてご覧ください。
事故後治療のHP↓↓

 

事故の原因は??

交通事故を起こす原因で一番多いと言われているのが

[①安全不確認]

で、その次に多いのは順に[②脇見運転][③動静不注意][④漠然運転][⑤運転操作不適]と言われています。

交通事故は車や信号機など、機械の不具合などが原因でなることはほとんどなく、車を操作している人のルール違反や油断して気が抜けたりすることで、事故を引き起こします。

そんな事今更言わなくてもわかってるという方が多いと思いますが、日本の車や交通機関に関わる物は、不具合なく高性能で動いているんです。それだけ恵まれたものに囲まれながらも人は事故を起こしてしまうのです。

これからも自動運転など技術は発展していきます。しかしどんなに技術が発展しても、事故を起こすのはそれを扱う人達です。安心で安全の物になってきても、それを忘れないでください。

 

交通事故の原因はストレス

交通事故を起こす原因は最初に[安全不確認][脇見運転]などと書きましたが、ココロとカラダがこうしたことをしてしまう状態になっているのです。

良く事故を起こした人が言うのが、ぼーっとしていた、良く見てなかったという言葉です。また速度違反で急ブレーキで止まれなかったという言葉も聞きます。集中力が切れていたり、ルール違反をしてしまうのは、ココロとカラダの状態が深く関わってきます。

疲労が溜まっている状態だと、最初は緊張感があっても長くは続きません。イライラしていたり、急いでいたりすると、ルール違反を犯しやすくなります。

日々のストレスでココロとカラダに疲労が溜まりやすくなり、しっかりとした休息がとれていないので、集中力が切れやすくなります。また、ストレスからココロとカラダを乱し、疲労が溜まっているので余計にイライラしやすくなります。こういう状態は気持ちに余裕もなくなります。

疲労は毎日蓄積されていきます。毎日のケアが交通事故を起こしにくくする状態にしてくれるのです。

ココロやカラダは、症状が出てから何か対処するのでなく、日々のケア、定期的なメンテナンスが大切です。車に乗ったら気を付けるのでなく、いつも交通事故を起こしにくい状態にしておきましょう。

もし交通事故が起きてしまったら、どんな軽い症状でも検査・治療を行ってください!

交通事故後治療はこちらの画像をチェック。

 

皆さんの健康を願っております。
何かお悩みの症状があれば、いつでも『整体・整骨はがくれ』にお越しください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!!

 

多くの方のご来院心よりお待ちしております。

 

 

夜の整体院-white deer-

夜21時からの整体院やってます!!
詳しくは下の画像をクリック!(^^)!